料金システム

※本ページに記載されている料金は2022年9月1日時点のものです。料金は税込表示です。

 

※「在留資格(COE・変更・延長・永住許可)などの申請手続き」

1.  ご依頼時に基本料金の半額を「着手金」として頂いております。

 *着手金は行政書士に業務を依頼した段階でお支払いいただくもので、審査の結果には関係のないものです。

2.  許可が出た時点で残りの料金と収入印紙代をお支払いください。

 *残りの半額と、入国管理局に支払う手数料(収入印紙代)は、許可が出た場合にお支払いいただきます。

 

例) 永住許可申請 (104,500円) の場合のお支払い例

 [ご依頼時]  着手金として料金の半額「52,250円」

 [許可時]  残金「52,250円」と、収入印紙代(入管に支払う手数料)「8,000円 」

 

※「入管に提出する書類作成のみ」「文書翻訳」「有料相談」

  料金は一括 (1回払い) でご依頼時にお支払いをお願い致します。

 

永住許可申請 : Application for Permanent Residence

 

  基本料金 / Fee 印紙代 / Revenue Stamp

永住許可申請

Application for Permanent Residence

 

◎「技術・人文知識・国際業務」「日本人の配偶者等」「高度専門職」「定住者」「永住者の配偶者」などの在留資格から、永住許可申請をする場合

・104,500円~

 

◎「経営管理」の方が永住許可申請をする場合

・120,000円~

8,000円

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

◎上記の方と同居のご家族を同時に申請される場合(例:家族滞在の在留資格で同居のご家族など)

・1名追加 : 46,200

1名につき8,000円

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

(注意) 次のような場合には、料金が加算されますのでご了承ください。

  1.ご依頼時点で在留期限日までの残日数が14日未満の場合:+ 33,000円

  2.一度不許可になった後で当事務所に依頼される場合:+ 33,000円

  3.過去に退去強制歴やオーバーステイ歴がある場合

  4.通常必要な書類以外に追加の立証資料作成が必要な場合など。

 

※不許可時の再申請制度あり(注. お客様の状況により対象外となることがあります)

 

配偶者ビザ・就労ビザなど:Spouse / Working VISA etc.

●以下のものが含まれます。

「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」

「技術・人文知識日本・国際業務 / Engineer / Specialist in Humanities / International Services」「技能」「企業内転勤 / Intra-company transfer」「高度専門職 / Highly Skilled Professionals」

「特定活動46号 (の大学卒業者)」「特定活動 (内定待機) または (継続就職活動) 」など

  内容 基本料金 印紙代 / Revenue Stamp

配偶者

Spouse of Japanese,

Spouse of PR

 

就労

Engineer / Specialist in Humanities / International Services,

Intra-company transfer,

Highly Skilled Professionals

etc.

在留資格認定証明書交付申請

COE; Certificate Of Eligibility

・95,000円~

なし

在留資格変更許可申請

Change of Status of Residence

☆「高度専門職1号」の方が転職するときは、事前に変更許可申請」が必要です。

・95,000円~

4,000円

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

在留期間更新許可申請

Extension of Period of Stay Highly Skilled Professionals

日本人の配偶者等、永住者の配偶者等:

・45,000円~

 

技術・人文知識・国際業務、技能、企業内転勤前回の申請後に転職なしの場合):

・45,000円~

 

技術・人文知識・国際業務、技能前回の申請後に転職をしている場合):

・90,000円~

4,000円

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

(注意) 次のような場合には、料金が加算されますのでご了承ください。

  1.ご依頼時点で在留期限日までの残日数が14日未満の場合:+ 33,000円

  2.一度不許可になった後で当事務所に依頼される場合:+ 33,000円

  3.過去に退去強制歴やオーバーステイ歴がある場合

  4.通常必要な書類以外に追加の立証資料作成が必要な場合など。

 

※不許可時の再申請制度あり(注. お客様の状況により対象外となることがあります)

 

家族滞在ビザ:Dependent VISA

  内容 基本料金 印紙代 / Revenue Stamp

家族滞在

Dependent

在留資格認定証明書交付申請

COE; Certificate Of Eligibility

・95,000円~

(注) 扶養者の在留資格や、就労状況等により料金が変わることがあります。

なし

在留資格変更許可申請

Change of Status of Residence

・95,000円~

(注)扶養者の在留資格や、就労状況等により料金が変わることがあります。

4,000円

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

在留期間更新許可申請

Extension of Period of Stay

・40,000円~

(注) 扶養者の在留資格や、就労状況等により料金が変わることがあります。

4,000円

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

(注意) 次のような場合には、料金が加算されますのでご了承ください。

  1.ご依頼時点で在留期限日までの残日数が14日未満の場合:+ 33,000円

  2.一度不許可になった後で当事務所に依頼される場合:+ 33,000円

  3.過去に退去強制歴やオーバーステイ歴がある場合

  4.通常必要な書類以外に追加の立証資料作成が必要な場合など。

 

※不許可時の再申請制度あり(注. お客様の状況により対象外となることがあります)

 

経営管理ビザ・会社設立 : Business Manager /  Establishing a Company

 

  基本料金 印紙代など / Revenue Stamp etc.

経営管理:

在留資格認定証明書交付申請

COE; Certificate Of Eligibility

 

経営管理:

在留資格変更許可申請

Change of Status of Residence

ご依頼内容によって料金が異なります。詳細はご相談ください。

 

We will provide you with an official quotation.

Please feel free to contact us.

認定(COE):なし

変更:4,000円 (許可時に入国管理局に支払う手数料)

経営管理:

在留期間更新許可申請

Extension of Period of Stay

・60,000円 ~

*会社の経営状況 (決算書の内容) などによって料金の加算あり。

4,000円 (許可時に入国管理局に支払う手数料)

会社設立 (定款作成・登記)

Establishing a Company

 

 

※登記は提携司法書士が行います。

「定款作成」

 ・55,000円

 

「登記手続き」

 (*提携司法書士が担当)

登記に関する手続きは、提携司法書士が行います。別途見積書を発行いたします。

 

We will provide you with an official quotation.

Please feel free to contact us.

(参考)一般的な手数料の例は以下の通りです。資本金の額等により変動あり。

[株式会社]

・定款認証手数料:5万円

・定款印紙代:4万円

・定款謄本手数料:250円/1ページ

・登録免許税:15万円〜

 

[合同会社]

・定款印紙代:4万円

・登録免許税:6万円〜

(注意) 次のような場合には、料金が加算されますのでご了承ください。

  1.ご依頼時点で在留期限日までの残日数が14日未満の場合:+ 33,000円

  2.一度不許可になった後で当事務所に依頼される場合:+ 33,000円

  3.過去に退去強制歴やオーバーステイ歴がある場合

  4.通常必要な書類以外に追加の立証資料作成が必要な場合など。

 

※不許可時の再申請制度あり(注. お客様の状況により対象外となることがあります)

 

ビジネスに関する登録・許認可 : Permits / Licenses for business

 

  基本料金 印紙代 / Revenue Stamp

古物商許可

Secondhand Dealer License

(for used car etc.)

・50,000

警察署への申請手数料

(収入印紙)19,000円 

申請時に、警察署の窓口で支払います

 

(日本)短期滞在ビザ・各種許可申請

※日本以外の国に滞在するための短期滞在ビザ申請には対応しておりません。

その他 基本料金 印紙代 / Revenue Stamp

[日本]  短期滞在ビザ申請

(親族・知人訪問、商用)

Temporary Visitor 

・45,000円

なし

再入国許可申請

Re-entry Permit

・20,000円

3,000円 (1回:single)

6,000円 (数次:multiple)

(許可時に入国管理局に支払う手数料)

資格外活動許可申請

Permission to Engage in Activity other than that Permitted under the Status of Residence Previously Granted

・30,000円

留学生・家族滞在の方:包括許可の場合)

・40,000円

技術・人文知識・国際業務の方:個別許可の場合)

なし

就労資格証明書の交付申請

Certificate of Authorized Employment

・45,000円

900円

(交付時に入国管理局に支払う手数料)

 

その他のビザ:Others

そのほかの各種ビザについては、個別に見積もりをお出ししておりますので、お気軽にご相談ください。

例:定住者・特定技能・研修・教授・留学・特定活動 など

e.g. Long term Resident, Specified Skilled Worker, Trainee, Professor, Student, Designated Activities etc.

※特定技能や研修など 同一の受入機関が複数人をまとめて申請される場合

 申請人数に応じて割引を適用した料金の見積書を作成いたします

 

帰化申請 (日本国籍取得) : Naturalization

※帰化申請は、入国管理局ではなく「法務局」にて行います。

  基本料金

帰化申請

143,000円 (税込)   税抜料金は13万円

 

同居のご家族同時に申請される場合

・1名追加 : 44,000円 (税込)   税抜料金は4万円

※ただし、同居の18歳未満の未成者のご家族を”同時に”申請される場合、当該未成年者は1名5,500円 (税込) で承ります。

以下の場合には、料金の加算あり

*区役所・市役所や税務署、法務局などでの書類取得を当事務所に依頼される場合

*会社役員、社長、個人事業主などの事業所得者の場合など

 

(参考)東京入管の管轄外(大阪など)にお住まいの方

※大阪・京都などの関西圏や、北海道、東北、九州、四国、沖縄などにお住まいの方の場合でも、オンライン申請が可能な手続きの場合には、「通常料金」(*書類などの郵送料は別途必要です)で承ります。

この場合、ZoomやTeamsなどにより、ご本人または所属機関等からの依頼であることの確認をさせていただきます

 

永住許可申請はオンライン申請の対象外です。)

永住許可申請などオンライン申請ができない手続きについては、以下の料金例を参考にしてください。詳細は初回相談時にご説明します。

 

例)お住まいが大阪の方が(オンライン申請不可の)永住許可申請を当事務所にご依頼いただいた場合

A 大阪入国管理局への申請手続きの取次(代行)の含めて、ご依頼いただく場合

内容:書類の作成、確認、修正、相談と 大阪入管への永住許可申請の取次 (申請代行手続き)

面談・相談は電話またはZoomで行いますが、申請のため大阪入管に行く必要があるため、 東京⇔大阪入管間の交通費が別途必要です。

[料金の例]

 永住許可申請手続き:税込104,500円

 申請時の交通費:新幹線自由席往復代 東京⇔新大阪 13,870円×2 = 27,740円

     新大阪⇔コスモスクエア駅(大阪入管の最寄り駅) 330円×2 = 660円

     申請時の交通費合計:28,400

 出張日当:10,000円

 *料金合計:税込142,900円~ (お支払い回数は2回。依頼時に半額、許可後に残金。)

 

B 書類の作成、確認、修正、相談のみをご依頼いただく場合

内容:書類の作成、確認、修正、相談のみ申請手続き取次(代行)は含まれていません

[料金の例]

 永住許可申請(申請手続き代行を除く)。電話・Zoom/Teams・メールによる相談は制限なし。

 *料金合計:税込77,000円 (お支払いはご依頼時に 一括 でお願い致します。)

 

文書作成:Preparing Documents

事業計画書などの重要な文書の作成だけ任せたい場合。

不許可時の再申請制度は適用なし。

入管への申請手続きなどは、このプランには含まれません。

文書作成 料金

事業計画書 (経営・管理ビザ)

創業活動計画書 (創業活動ビザ)

などの各種文書作成

別途見積もり


文書翻訳: Translation

各種書類の翻訳のみを依頼される場合はこちらです。

・戸籍謄本 (Family Register)、大学の卒業証明書や学位証明書・成績証明書、出生/婚姻証明書

・契約書、技能実習実施計画書など

英語→日本語

 フランス語→日本語

中国語 (簡体字 / 繁体字)→日本語

 

*この他の言語については、ご相談ください

・婚姻証明書など 1枚:5,500円 (税込)

 

・戸籍謄本の翻訳:

ページ数が 1ページの場合:5,500円 (税込)

ページ数が 2ページの場合:6,600円 (税込)

ページ数が 3ページの場合:7,700円 (税込)

 

※各種契約書、各種計画書など:

 別途見積書を発行いたします。

 

[フィリピン:バリクバヤン/Balikbayan]  戸籍謄本の翻訳

 

詳細はこちら:Balikbayan Program:フィリピン国籍者と家族の里帰り

 

「日本の戸籍謄本の英訳」 + 「(必要であれば) 公証役場での認証とアポスティーユ 」もサポート

VISA トータルサポートでは、戸籍謄本の英訳と、必要に応じて公証役場での「認証、アポスティーユ(apostille)」手続きも一貫してサポートいたします。

(注意) 英訳のみでよいか、公証人の認証やアポスティーユまで必要なのかは、あらかじめフィリピン大使館などにご確認ください。

・戸籍謄本の英訳:

ページ数が 1ページの場合:5,500円 (税込)

ページ数が 2ページの場合:6,600円 (税込)

ページ数が 3ページの場合:7,700円 (税込)

 

・公証役場での認証+アポスティーユ手続き代行:15,000円 (税込)

 

*別途、公証役場の「認証手数料」として11,500円 が必要です。(公証役場へ支払います)

都内の公証役場では、公証人の認証+アポスティーユ まで、通常は1日で完了します。

(お住まいが東京都以外の場合も利用可能)

 

有料相談

 

  料金

無料相談の対象とならない、

   具体的な事項に関する相談や質問 [電話または面談]

 

*ご相談者様のご希望の場所に伺って面談を行う場合は、別途交通費が発生しますので、ご了承ください。

~ 30分まで : 5,000円

 

30分超~ 60分まで : 10,000円

 

お支払いについて

 

お支払い方法
1. 銀行振込

振込先1:三菱UFJ銀行 浦和支店 普通 0647612

MITSUBISHI UFJ BANK,  Urawa Branch,  Ordinary Account : 0 6 4 7 6 1 2

オビギョウセイショシジムショ (OBI行政書士事務所)

※振込手数料はお客様負担でお願いいたします。

振込先2:ゆうちょ銀行 (Japan Post Bank) の口座へのお振り込みも可能です。

ご希望の方は、お申し付けください。

2. 現金払い

3. Paypal決済 : クレジットカードでのお支払いがご利用いただけます

(注意事項 : 別途、決済手数料が1件あたり3.6%発生しますので、ご了承ください。)

 

 

無料相談受付中

翻訳(Translate) »