永住許可

 

永住ビザのメリット

1. 在留期限の制限がなくなる →ビザの更新が不要になる
2. 在留活動の制限がなくなる →仕事の制限なし、会社の経営も可能
3. 社会的信用度の向上 →住宅ローンや銀行などからの融資が受けられる
4. 離婚などによるビザの変更が不要 →安定して日本で暮らせます

 

永住ビザのメリットを詳しく解説!

永住権 (永住ビザ) の申請には、必要な書類も多いですし、クリアしなければならない要件も厳しいため、申請をためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、日本で長く暮らしたいと思っているなら、永住権をとることには大きなメリットがあります。

4つのメリットについて解説します!

 

過去の相談例の一部

1. 税金や年金の書類など提出書類が多くてよくわからないので、相談したい。
2. 入管のウェブサイトに書かれている書類を全て提出したのに、不許可だった。
3. 平日は仕事があるので、区役所や税務署に行く時間がない。
4. 今の状況で永住ビザが取れるかどうか相談したい。

 

永住権の要件

 

 永住ビザの要件と特例について (日本語)

 

た、永住ビザ (永住権) を取得するためには、以下のような要件がいくつかあります。

・日本で生活していくための収入や資産があるか?

・法律をしっかり守っているか?

・これまで何年日本に住んでいるか? など。

 

また、日本人・永住者・特別永住者と結婚している方、定住者、高度専門職のポイントが70点以上の方などは要件が一部緩和される特例があります!

(日本に住んでいる期間が短くて良い、提出する課税証明書の年数が少なくて良いなど。)

 

 

 

 

 Requirements for Permanent Residence (英語)

 

There are several requirements to apply Permanent Residence VISA like below:

・You have enough assets or salary to make an independent living.

・You observe Japanese law.

・You have lived in Japan for ~~ years. (depends on your current status of residence)

 

 

永住者の身元保証人について

 

   永住者の身元保証人にはどんな責任があるのでしょうか

 

外国人が永住ビザを申請する際には、必ず身元保証人をみつけ、身元保証書にサインをしてもらう必要があります。

身元保証人になれるのは、日本人または永住者です。

ここでいう身元保証人には法的な義務は課されてないため、連帯保証人とは全く異なります。

 

永住ビザの申請に必要な書類 (在留資格ごとにまとめました)

 

 [重要] 201971日から追加された提出書類について

 

永住ビザの申請には、多くの提出書類が必要ですが、201971日から、それまでよりも提出する書類の数・種類が増えました。

入管のwebサイトにも詳細が書かれていますが、わかりにくいため、多くの方からお問い合わせをいただいています。

ここではQ&A形式で、なるべくわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

 

 

 

 必要書類:「日本人・永住者の配偶者等」のビザをお持ちの方

 

今持っているビザ(在留資格)が次のうちのいずれかの方は、こちらの書類を提出します。

・「日本人の配偶者等」

・「永住者の配偶者等」

・「特別永住者の配偶者等」

 

 

 必要書類:「定住者」のビザをお持ちの方

 

今持っているビザ(在留資格)が次の方は、こちらの書類を提出します。

・「定住者」

 

 

 必要書類:「就労・家族滞在」のビザをお持ちの方

 

今持っているビザ(在留資格)が次のうちのいずれかの方は、こちらの書類を提出します。

・「家族滞在」

・「技術・人文知識・国際業務」

・「技能」などの就労系ビザ

 

 

あなたの扶養親族は何人ですか?

 

   永住ビザの申請をする前に、扶養人数を確認!

 

税金を減らす目的で実際には扶養を受けていない親族を「扶養控除の対象」として申請することは認められませんが、過去にそのようなケースが多く見られました。

お金を送っていないのに、海外に住んでいる兄弟まで扶養に入れているような場合、永住ビザの審査ではマイナスな材料になってしまいます。

そのため、もし本来なら扶養の対象にならない親族を意図的に(もしくは、知らずに)含めていた場合、「修正申告」をすることもできます。

まずは、誰を扶養親族にしているか確認してみましょう。

 

 

永住者の在留カードの更新を忘れずに!

 

 永住者の在留カード有効期限更新の手続き (日本語)

 

永住ビザを持っている方は、ビザの更新は必要ありません。

しかし、忘れてはいけないのが、「在留カードの有効期限の更新」です。

永住者の場合、在留カードは7年ごとに更新が必要です。

いつから更新できるのか、どこに何を持っていけばいいのか、こちらにまとめました。

 

 

 Extension of the valid period of the Residence Card

 

If you have Permanent Residence VISA, you don’t need to extend your VISA.

However, don’t forget to extend the valid period of “Residence card” every 7 years.

Click below for details in English. (e.g. when to submit, necessary documents.)

 

高度人材ポイントも計算してみましょう!

 

  高度人材ポイントについてはこちら!

 

*大学を卒業していて、年収が比較的高い方は、一度「高度人材ポイント」を計算してみましょう。

基準(70点以上・80点以上)を超えている場合には、永住許可の要件が緩和される可能性があります!

 

 

 必要書類: “高度専門職/特定活動ビザの方”

「高度専門職」または「特定活動 (高度人材)」のビザを持っている方が対象です。

ポイントの合計によって、要件などが一部異なります。

 

[A] : 「高度専門職」または「特定活動(高度人材)」ビザを持って年以上日本に住んでいて、点数80点以上

[B] : 「高度専門職」または「特定活動(高度人材)」ビザを持って年以上日本に住んでいて、点数70点以上

 

 

 必要書類:”高度人材ビザは持っていないが、70or80点以上ある方”

 

「高度専門職」または「特定活動 (高度人材)」のビザは持っていないけれど、高度人材ポイントが70or80点以上ある方が対象です。

ポイントの合計によって、要件などが一部異なります。

 

料金

 

永住許可申請の料金はこちら

 

 

無料相談受付中

翻訳(Translate) »