国際結婚と配偶者ビザについて

 

 国際結婚の手続きを国別に解説!

国・地域によっては20歳にならないと結婚できないなど、日本とは婚姻の要件が異なる場合があります。

また、年齢だけではなく、国・地域によって結婚手続きに必要な書類や手続きの方法などが異なります。

ここでは、主要な国・地域ごとに結婚手続きの方法をまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

 

 

 配偶者ビザ(日本人の配偶者等)とは? 審査のポイントも解説!

日本人と結婚した外国籍の方が、日本で一緒に暮らしていくためには、在留資格(ビザ)を取得する必要があります。

その代表的なものが「日本人の配偶者等」(いわゆる配偶者ビザ)です。

ここでは、配偶者ビザの特徴やビザの審査のポイントなどを解説しています。

 

配偶者ビザの手続きはどうすればいい?

配偶者ビザの手続きは、相手の外国人が現時点で日本にいるのか、海外に住んでいるのかによって手続きは大きく異なります。

海外に住んでいる場合には「在留資格認定証明書交付申請」、日本に住んでいる場合には「在留資格変更許可申請」を行います。

ここでは、それぞれの手続きの流れと必要な書類について解説しています。

 

[重要]

長く安定的に日本で暮らしていくために、配偶者ビザの取得後に考えるべきなのは「永住許可 (永住ビザ・永住権)」です。

当事務所では、将来の永住許可のために重要なポイントについてアドバイスやフォローアップを行っております。

何の対策もせずに長年日本で暮らしていて、永住許可が不許可になるケースがとても多いため、配偶者ビザの取得と同時に、永住許可の要件などについても確認されることをオススメしております。

 

※当事務所に配偶者ビザの申請手続きをご依頼いただいた方

永住許可に向けたアドバイスを無料で行っております。

また、次回更新時や永住許可申請の際には、当事務所の料金は10%OFFでご利用いただけます。

 

Click below to contact us or to book a free consultation with us. 

予約フォーム

 

 

 

 

 

その他

 日本人が外国人配偶者との子ども(実子、特別養子)を日本に呼ぶための申請手続き

 

無料相談受付中

翻訳(Translate) »